吉高、小栗、杉咲…撮影秘話から読み解く「秋ドラマ本當の傑作」 | FRIDAYデジタル

吉高、小栗、杉咲…撮影秘話から読み解く「秋ドラマ本當の傑作」

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

読めばドラマがもっと面白くなる!

『最愛』での“女子高生”吉高はテレビマンの間でも話題沸騰! 寫真は撮影の合間にロケ弁を食べる彼女だ

新型コロナや東京五輪による超変則的な編成に苦しめられたテレビマンたちが、”実りの秋”に目を細めている。

「どこの局の作品も好調ですが、注目は世帯視聴率と個人視聴率二冠王の『ドクターX~外科醫?大門未知子~』(テレビ朝日系)。今シリーズは新型コロナのネタをガッツリ入れてきました。タイムリーなネタを貪欲に取り入れる姿勢に感心しました」(ライター?大山くまお氏)

この快進撃にテレ朝社內は「米倉涼子(46)は失敗しないので」「マンネリ上等! ドクターXは現代の水戸黃門だ」と大盛り上がりだという。

TBSも看板枠の日曜劇場『日本沈沒―希望のひと―』が好調だ。小松左京原作の名ドラマを小栗旬(38)、香川照之(55)、松山ケンイチ(36)、杏(35)ら豪華出演陣で現代風にリメイクしている。

「かつての作品を知っている年配の人も、環境問題に関心がある若者も引き込んでいる。実はこの作品、昨年11月にクランクイン、今年4月ごろにクランクアップしています。小栗が來年のNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』で主演を務めるという事情もありますが、Netflixで世界に配信されることも、撮影を前倒しした一因でしょう。スピンオフの制作や、先行配信などのPR対策だと思います」(民放ドラマ制作班スタッフ)

そのネット配信での再生回數がダントツなのが、吉高由里子(33)主演の『最愛』(TBS系)だという。ドラマウォッチャーの吉井和美氏は「主婦人気ナンバーワン作品」だと明かす。

「第1話で吉高が延々と女子高生を演じていたのには『さすがにムリがあるだろう』と閉口しましたけど、あそこでめげずに観続けた人は皆、ハマっていますね。初戀の人が刑事、吉高が重要參考人となって再會するという、サスペンスに戀愛を絡めた展開にグイグイと引き込まれる」

中堅放送作家が補足する。

「『中學聖日記』『アンナチュラル』『MIU404』などヒット連発の名コンビ、新井順子プロデューサーと塚原あゆ子監督の作品だから、面白くならないはずがない。登場人物が週替わりでナレーションを擔當するというのも斬新!」

業界內評価が高いのが、視覚に障害を持つ女性(弱視)とヤンキーの戀という難しいテーマに挑んだ『戀です!~ヤンキー君と白杖(はくじょう)ガール~』(日本テレビ系)だ。

「障害を持つ人が働くということや、健常者家族とのかかわりなどを安易に単純化せず、わかりやすく描いていて好感がもてます。その一方で戀愛ドラマや、コメディの要素も入っていて、多彩で飽きさせない」(前出?大山氏)

貢獻度大なのが主演の杉咲花(24)だ。

「子役時代から定評のある演技力、元朝ドラヒロインの好感度が炸裂しています」(ドラマウォッチャー?北川昌弘氏)

共演するファーストサマーウイカ(31)や生見愛瑠(ぬくみめる)(19)も「雰囲気がある。女優として化けそう」(制作會社スタッフ)と高評価。エポックメイキングな作品となるかもしれない。

弱視の“白杖ガール”とヤンキーの戀愛コメディという難題をクリアした杉咲に稱賛の聲が(『戀です!』)
『日本沈沒』で小栗が扮するのは、祖國を救うために、家庭も顧みず奔走する環境省の熱血エリート官僚だ
『じゃない方の彼女』の主演?濱田。この後、ヒロインの山下と手を繋いで笑顔で疾走するシーンを撮影!

『FRIDAY』2021年11月26日號より

  • 撮影榎原優美(吉高)、近藤裕介(杉咲、小栗、濱田)

Photo Gallery5

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を寫真から

関連記事

午夜dj免费看完整视频-午夜dj在线资源影院观看-午夜dj免费看完整视频
始兴县| 鲁甸县| 南郑县| 株洲市| 尤溪县| 清苑县| 玛纳斯县| 乃东县| 中西区| 威宁| 西峡县| 沙河市| 蓝田县| 民权县| 五指山市| 封开县| 阿克陶县| 抚州市| 蕉岭县| 利辛县| 锡林浩特市| 翁源县| 明溪县| 乡宁县|